沿革

沿革

昭和 4年 8月 東京都府下亀戸町に於いて小峰製作所創業
昭和16年 11月 埼玉県北葛飾郡栗橋町に移転
昭和21年 9月 合名会社 小峰製作所 設立
昭和35年 2月 鋳造用型持ちケレン製作開始
昭和36年 10月 合名会社 小峰製作所 解散
昭和36年 11月 小峰工業株式会社 設立 資本金500万円
昭和39年 8月 シェル工場新設 シェルモールド中子加工開始
昭和40年 8月 ケレン自動溶接組立機を開発
昭和42年 11月 中小企業診断優良企業として埼玉県知事賞受賞
昭和43年 5月 資本金を1,000万円に増資
昭和44年 1月 工作金型工場を新設
4月 埼玉県標準工場に指定
昭和45年 6月 資本金を2,000万円に増資
昭和46年 11月 中小企業庁長官賞を受賞
昭和48年 2月 米国クリーブランドチャプレット社と技術提携
昭和55年 10月 ケレン自動組立機を開発
11月 ガスバーナーチップを開発、販売を開始
昭和56年 11月 シェル中子工場を増設
昭和57年 6月 コールドボックス法を採用
昭和58年 2月 スーパーベントを開発、販売を開始
昭和59年 3月 新社屋完成
9月 スーパーベント米国輸出を開始
11月 プラスチックベント開発・販売を開始
昭和61年 4月 中小企業庁合理化モデル工場指定
7月 現住所に新工場を建設、工作機械部門移転
11月 中子工場完成、中子部門新工場へ移転
昭和62年 4月 新型ケレン自動溶接機開発
12月 スーパーベント自動組立溶接機開発
昭和63年 5月 スーパーベント西ドイツ輸出を開始、標準ケレン簡易自動機開発
平成元年 6月 スーパーベント英国輸出を開始
平成2年 9月 特殊ケレン用ポータブル溶接機更新
平成4年 6月 春日部税務署優良申告法人表彰
平成 5年 6月 シェルマシン40型増設
7月 特殊ケレン用ポータブル溶接機増設
平成6年 1月 シェルマシン40型・60型増設
7月 シェル工場材料倉庫完成、シェルマシン40型増設
平成7年 3月 特殊ケレン用ポータブル溶接機増設
6月 シェルマシン40型増設
平成8年 8月 ケレン溶接ロボット導入
平成9年 11月 シェルマシン水平割45型増設、ネジ転造機を開発
平成10年 2月 両端シャフト加工機増設
平成12年 1月 シェルマシン水平割54型増設
平成13年 4月 シェルマシン水平割54型増設
平成15年 1月 コンプレッサー増設、NC旋盤導入(1台)
8月 ベントホール特殊スリ割機開発
10月 クラウス型ベントホール販売を開始、NC旋盤増設(2台)
平成16年 8月 NC旋盤増設(1台)
12月 プレス35t増設
平成17年 1月 表面処理コーティング工場完成、NC旋盤増設(1台)
9月 NC旋盤増設(1台)
平成19年 5月 ベントホール溶接機増設(1台)
6月 GIFA・ドイツ デュッセルドルフ国際見本市出展
9月 プレス20t増設
11月 NC旋盤増設(1台)
平成21年 9月 表面処理コーティング工場完成
平成23年 6月 GIFA・ドイツ デュッセルドルフ国際見本市出展
平成24年 1月 シェル工場増設

ページトップへ戻る